MENU

海外プリペイドカードの特徴

海外プリペイドカードとは、事前にプリペイドカードにお金をチャージしておくことで、海外のATMでお金を引き出すことができるカードです。
また、プリペイドカードにチャージした金額の範囲内であれば、クレジットカードのように店頭でカード決済することもできます。

店頭でカード決済した場合は、プリペイドカードにチャージした金額から即座にお支払い金額が引き落とされます。
先にお金をチャージしておいて、その残高から支払うという意味では、SUICAのような交通系ICカードと同じような使い方になります。

それでは、海外プリペイドカードとクレジットカード、デビットカードにはどのような違いがあるのでしょうか?


海外プリペイドカードとクレジットカードの違い

海外プリペイドカードは事前にお金をチャージしておくのに対して、クレジットカードは決済した金額が後ほど口座から引き落とされます。
つまり、海外プリペイドカードはその場で支払いが完了するのに対して、クレジットカードは後払いという特徴を持っています。

クレジットカードはお支払い限度額の範囲内であれば、いくらでもカードを使うことができます。
対して海外プリペイドカードは、事前にお金をチャージした範囲内となります。

1万円しかチャージしていなければ、追加でチャージしない限りは1万円しか使うことができません。
100万円チャージしておけば、お引き出しとカード決済で100万円が無くなるまでは、使い続けることができます。

カード決済の上限金額や紛失時のリスクを自分でコントロールできるのは、海外プリペイドカードの強みだと言えます。


クレジットカードもATMでお金が引き出せる!

ご存知の方も多いかとは思いますが、クレジットカードでも海外のATMを使ってお金を引き出すことができます。

ただし、海外プリペイドカードはチャージしたお金を引き出しているのに対して、クレジットカードの場合はキャッシング扱いとなります。

つまり、クレジットカードで引き出したお金は、カード会社から借金したこととなり利息が発生します。

返済が早ければ海外プリペイドカードの手数料よりも、キャッシングの利息の方が安く済むこともありますが、返済が遅いと利息はどんどん増えていくので注意しましょう。


海外プリペイドカードとデビットカードとの違い

デビットカードとは、銀行口座と紐付けされたカードのことで、利用金額は口座残高から即座に引き落とされます。
口座残高か利用限度額の範囲内であれば、いくらでも利用することができるのがデビットカードです。

ただし、海外で利用できるデビットカードはVISAやJCBのカードに限られていて、J-Debitのデビットカードは海外では利用することができません。

海外プリペイドカードとデビットカードは、海外で利用する際の利用方法や手数料などが非常に似ています。
ATMでお金を引き出したり、店頭でカード決済する際には、利用金額に対して3%程度の手数料がかかります。

ATMを利用した際には、ATM利用料として200円程度かかるカードと、無料で利用できるカードがあるのも同じです。

海外プリペイドカードとデビットカードの決定的な違いは、利用した金額が事前にチャージしたお金から引き落とされるのか、あるいは銀行口座から直接引き落とされるのかという点です。