MENU

海外ATMの使い方ガイド

STEP1:ATMにカードを挿入

海外プリペイドカードを使ってATMでお金を引き出すには、まずはATM機器に海外プリペイドカードを挿入します。
挿入の仕方は日本と違い、主に以下の5種類があります。



タイプ1:日本国内のATMと同様に、カードの表面を上向きにして入れるタイプ。






タイプ2:カードの表面を上にして挿入し、すぐにカードを抜き取るタイプ






タイプ3:カードの裏面を上に向け、黒い線を左側にして入れるタイプ。






タイプ4:カードの表面を自分に向け、挿入口に上から入れてすぐに抜き取るタイプ。






タイプ5:カード裏面の黒い線を、カードリーダーで上下にスライドさせるタイプ。





STEP2:言語の選択

使用言語を選択します。
日本語があれば日本語を、無い場合には英語を選択するようにしてください。



STEP3:暗証番号の入力

Enter PINと表示されたら、暗証番号を入力しましょう。 ATMによっては6ケタの番号を要求されますが、4ケタの番号を入力してEnterを押せばOKです。



STEP4:お取り引き内容の選択

SELECT TRANSACTIONと表示されたら、お取引内容を選択します。 現金を引き出したい時には、WITHDRAWALもしくはGET CASHを選択します。
海外プリペイドカードでは、残高照会やお振込はできないものがほとんどなので、引き出しのWITHDRAWだけ覚えておくと良いでしょう。



STEP5:お引き出し口座の選択

SAVINGS(預金)、CHECKING(当座預金)、CREDIT(クレジットカード)の中からお引き出し口座を選択します。 主にSAVINGSを使いますが、プリペイドカードによって異なるので渡航前に確認しておきましょう。



STEP6:お引き出し金額の選択

SELECT DISPENSE AMOUNTなどと表示されたら、お引き出し金額を選択します。 海外のATMでは表示された金額から選ぶのが基本です。
自分でお引き出し金額を決めたい場合は、OTHER(その他)を選択すると金額の入力ができます。



STEP7:現金の受け取り

現金取り出し口から現金が出てくるので、すぐにお財布にしまうようにしましょう。
周りに不審な人がいないか注意しておきましょう。
最後に取引を終了するかを聞かれるので、他のお取引が無い場合はNOを選択します。
海外プリペイドカードも忘れずにお財布にしまいましょう。


・上記は海外のATMの一般的な操作方法で、ATMの機種によっては手順や表示内容が異なる場合があります。
・操作の途中で分からなくなった場合は、取消(CANCEL、CLEAR、EXIT)を押して別のATM機器を利用するようにしましょう。
・夜のATM利用はできるだけ避け、できれば銀行やショッピングモール内のATMを利用するようにしましょう。


海外ATMでよく使う英単語
ACCOUNT 口座
BALANCE 残高
BALANCE INQUIRY 残高照会
CANCEL 取り消し
CASH 現金
CHECKING 当座預金
CREDIT クレジットカード
DISPENSE AMOUNT お引き出し金額
ENTER 入力
PIN 暗証番号
RECEIPT レシート
SAVINGS 預金
TRANSACTION 取り引き
TRANSFER 振込
WITHDRAWAL お引き出し
4-DIGIT 4ケタの


海外プリペイドカードとは?
海外プリペイドカードおすすめランキング